収納場所にゆとりを設けておくならば、片付いた状態を保ちやすくなります。

模様替えの準備をする
模様替えの準備をする

収納場所にゆとりを設ける

模様替えを上手に行うコツは何でしょうか。
それは、住まいが模様替えを行うことでより使いやすくなるという目的を見失わないことです。
模様替えのときに、とかくしてしまいがちなのが、収納スペースに物を限界まで詰め込んでしまうことです。
模様替えをすることで、部屋をすっきりさせたいと思うのでしょう。
収納スペースの限界を超えて、物をギューギューに押し込んでしまうのです。
もちろん、この方法ですと模様替え直後には、部屋がすっきりした様に見えます。
物が目に付かないところに、収納されたからです。
では、それでこの模様替えは成功したと言えるのでしょうか。
そうとは言えません。
使いやすさを考えたレイアウトではなく、物を目に付かない場所に押し込むのが目的になってしまっているからです。
本来の目的は、その後も使いやすい様にレイアウトすることであるべきです。
では、使いやすさはどのようにしたら向上するのでしょうか。
一つの大切な点は、収納スペースにものを詰め込み過ぎないことです。
詰め込み過ぎていると、いざ使うときに使いづらいからです。
使いづらいと、その後はその収納場所に物をしまおうという気持ちが薄れてしまいます。
その結果、当初予定していたのとは違う場所に物を置くことになってしまいます。
そして、すぐに部屋が雑然としてしまうのです。
それで、片付いた状態をキープしやすくするためには、収納場所にゆとりを設けておくことがとても大切です。

Copyright 2018 模様替えの準備をする All Rights Reserved.